【赤ちゃんと虫歯菌】除菌で知っておきたい大切なお話

赤ちゃんの口から虫歯菌を追い出すだけじゃ足りない

だって虫歯菌感染は→→→パパやママのお口からが大半だから

60日間の返金保証は自信の証

公式サイトは以下の画像をクリック!

【赤ちゃんと虫歯菌】除菌で知っておきたい大切なお話

赤ちゃんの虫歯菌の除菌で主流となっている方法には2種類があります。

 

一つは、善玉菌「BLIS M18」配合のハミガキ粉を使っての除菌方法。もう一つは歯医者で専門の治療を行う方法。

 

歯科医に行ってもらう専門の治療というのは、3DS(デンタルドラッグデリバリーシステム)というものを使うことが多いですね。ですが、3DSのような除菌方法を赤ちゃんに使うというパターンは少ないようです。

 

3DSの説明はコチラ。
虫歯菌の除菌費用は?赤ちゃんだとチョット大変かも

 

このため、善玉菌「BLIS M18」配合のハミガキ粉を使うような方法が主となります。

 

善玉菌「BLIS M18」配合のハミガキ粉はコチラ
子供の虫歯を後悔しながらブリアンを使用開始

 

赤ちゃん

 

赤ちゃんの虫歯菌の除菌をするのなら

 

赤ちゃんの虫歯菌除去なのですが、理想を言えば善玉菌「BLIS M18」配合のハミガキ粉を使いながら、歯医者に専門家としてのアドバイスをもらうということです。

 

これ以上の除菌は、赤ちゃんの口腔内環境が整ってからでないと難しいかもしれません。

 

赤ちゃんの段階では、口腔内の除菌よりも、口に入る虫歯菌の数を減らすことに比重を置いた方が良いでしょう。

 

赤ちゃんの虫歯菌

 

赤ちゃんの口腔内には、元々は虫歯菌が住んでいませんが、生まれた後で口の中に虫歯菌が入ることで感染してしまいます。

 

このとき口の中に住み着いた虫歯菌が少ない程、虫歯になりにくい子供となります。ですから母としては何とか虫歯菌を避けるのを頑張りたくなりますよね。

 

ですが、虫歯菌感染を避けることに気を取られて、スキンシップを極端に減らすと、赤ちゃんの情緒面に悪影響が出てしまいます。ですから、ある程度の虫歯菌感染は諦めざる得ません。

 

この事を考えて、虫歯菌を0にしようとする方がいらっしゃいます。ですが、虫歯菌が0の人間というのは奇跡とも言えるほど稀ですから、ある程度の虫歯菌感染は諦めなければいけないというのが現実と言えるでしょう。

 

まとめ

 

赤ちゃんの虫歯菌の除菌は、善玉菌「BLIS M18」配合のハミガキ粉を使いながら、歯医者のアドバイスを受けるようにするのが基本となります。

 

除菌と共に、赤ちゃんの口腔内に虫歯菌が入らないように注意することも並行して行っていきましょう。ですが神経質になり過ぎると、赤ちゃんがスキンシップ不足になるので、加減が難しい所ではありますが──。