【虫歯菌が嫌い】赤ちゃんのお口を守る大切なお話!

赤ちゃんの口から虫歯菌を追い出すだけじゃ足りない

だって虫歯菌感染は→→→パパやママのお口からが大半だから

60日間の返金保証は自信の証

公式サイトは以下の画像をクリック!

子どもの歯ブラシ記事一覧

子どもの口に虫歯菌が少なくても、歯磨きの習慣は必要となります。なぜなら、虫歯菌がいなくても歯肉炎になる可能性があるからです。また、大人になってから歯周病になって一気に歯が無くなってしまった──このような事態になる方の多くが、歯磨きの習慣が徹底していない場合が多いとされています。そもそも論になりますが、虫歯菌と歯肉炎と歯周病は、まったく別の細菌が原因となります。ですから、虫歯菌が少ないことが他の病気...

赤ちゃんへの歯磨きで、もし嫌がられるのなら工夫が必要となりますよね。歯磨きを嫌がられないためには、まずは準備から入りましょう。赤ちゃんが歯磨きを嫌がるときの注意点歯ブラシ選び歯磨き粉選び力加減の把握親が準備で出来るのは、この辺りでしょう。歯ブラシ選びについてまず最初に行いたいのが、赤ちゃんのための歯ブラシ選びです。考える項目としては──。赤ちゃんのための歯ブラシ選びブラシの毛が柔らかい細くて滑らか...

赤ちゃんが歯磨きを嫌がるのなら、第一段階目で歯ブラシなどの準備。そして第二段階目として、歯磨きに赤ちゃんを慣れさせることが大切となります。ここで重要となるのが、赤ちゃんが感じるストレスを少しでも減らす工夫をするという事です。そのためには──歯磨きのストレス対策姿勢に気を付ける口に触れることに慣れさせる楽しい雰囲気を作るこの3点が大切となります。姿勢に気を付ける理想としては、膝の間に赤ちゃんの頭を置...

赤ちゃんが歯磨きを嫌がるのは宿命のようなもの。少しずつ慣れさせていくしかありませんが、歯磨きの時間を楽しい雰囲気にすると、赤ちゃんの頭の中で楽しい雰囲気と歯磨きとが結びつきます。この結果、歯磨きを嫌がるのが早めに治まるかもしれません。では、どのような事を行えば楽しい雰囲気に出来るのかというと──歯磨きの時の楽しい雰囲気作りお遊び用歯ブラシを使う歯磨きのとき好きな音楽をかける手鏡を使うお遊び用歯ブラ...

赤ちゃんの歯磨きは、大変ですよね。特に赤ちゃんが嫌がっていると……。ルールを決めておくとママのストレスを減らせますよ。そのルールというのは──歯磨きのルールしっかりと磨くのは1日に1回だけ決まった時間に歯磨き1本ずつ磨くのを3回行ったら休憩しっかりと磨くのは1日に1回だけ歯磨きというのは、基本的に赤ちゃんは嫌がります。ですから、しっかりと磨けずに歯磨きが不十分だと感じてママはストレスを感じてしまう...

赤ちゃんの歯磨きを行うのであれば、具体的な方法を知っておきたいところです。歯医者さんに行って教えてもらう事は可能ですが、この記事でも基本的な部分をお伝えしておこうと思います。基本となる磨き方は──基本となる磨き方歯ブラシはペンのように握る歯の面と直角になるようにブラシをあてる歯ブラシを持ったら小指と薬指を支点にする歯ブラシはペンのように握る歯ブラシをペンを握るように持つ事で、余計な力が伝わらなくな...

赤ちゃんの歯磨き方法は、年齢に合わせて変える必要がありますが、定期的に赤ちゃんの歯を歯医者さんで診てもらっている場合はアドバイスをもらえます。今回は、歯医者さんにもらうであろうアドバイスの、基本的な内容をお伝えしますね。生後6ヶ月〜8ヶ月の磨き方歯磨き開始の目安は、下の前歯が2本生え始めた頃です。この時期はだいたい6ヶ月くらい。この頃の歯磨きは、歯磨きに赤ちゃんを慣れさせることを基本としましょう。...