【虫歯菌が嫌い】赤ちゃんのお口を守る大切なお話!

赤ちゃんの口から虫歯菌を追い出すだけじゃ足りない

だって虫歯菌感染は→→→パパやママのお口からが大半だから

60日間の返金保証は自信の証

公式サイトは以下の画像をクリック!

子供や赤ちゃんの虫歯菌への感染は、完全に防ぐのは難しいとされています。

 

ですから、子供が一定の年齢になったら、”虫歯菌を口に入れない対策”から”虫歯にさせない対策”へとシフトした方が効率的と言えます。

 

虫歯にさせない対策として、真っ先に考えたいのが食べ物。

 

特に甘い物が口に入る機会の多いオヤツに関しては、しっかりと注目をした方が良いでしょう。

 

虫歯になりにくいオヤツの特徴

 

食べ物には虫歯になりやすい物と、虫歯になりにくい物とがあります。

 

虫歯になりにくいオヤツの特徴を述べると──

 

虫歯になりにくいオヤツの特徴
  • 歯にくっつきにくい
  • 糖分が少ない
  • 歯ごたえがありよく噛む必要がある

     噛む事で唾液が分泌されるから

  • 口の中に長時間あり続けない物

 

虫歯になりにくいオヤツの具体例

 

虫歯になりにくいオヤツといっても、必ずしも砂糖の入っていない物とは限りません。

 

例えば、ゼリーやプリンの場合、砂糖は使っていますが口の中にとどまる時間は少ないですよね。

 

この例のように、少し深く考えると実は虫歯になりにくかった!と、いうおヤツは多くあります。ですが逆に少し深く考えたら虫歯になりやすいオヤツだった!と、いう場合もあるので注意が必要です。

 

子供にオヤツを与えた後で

 

食後にはすぐにお茶を飲むなどさせると、虫歯リスクは大きく下がりますよ。

 

ですが理想は、オヤツの後では必ず歯磨きをするというのは言うまでもありませんよね。

 

このように考えると、子供のオヤツは、食後の虫歯対策もセットで考えた方が良いのではないのでしょうか?

虫歯と食べ物記事一覧

子供や赤ちゃんの虫歯菌への感染は、完全に防ぐのは難しいとされています。ですから、子供が一定の年齢になったら、”虫歯菌を口に入れない対策”から”虫歯にさせない対策”へとシフトした方が効率的と言えます。虫歯にさせない対策として、真っ先に考えたいのが食べ物。特に甘い物が口に入る機会の多いオヤツに関しては、しっかりと注目をした方が良いでしょう。虫歯になりにくいオヤツの特徴食べ物には虫歯になりやすい物と、虫...

虫歯菌を殺菌するヨーグルトがあります。そのヨーグルトは、L8020という乳酸菌が入った物。明石家さんまさんのホンマでっかTVで紹介されてから、一気に注目を集めるようになり増し8た。名前の由来L8020という乳酸菌の名前は、80歳で20本の歯を残す!こんな願いを込めてつけられたそうです。菌種は、ラクトバチルスラムノーザスKO3株で、人由来の乳酸菌だそうです。L8020乳酸菌についてL8020乳酸菌は...