【虫歯菌が嫌い】赤ちゃんのお口を守る大切なお話!

赤ちゃんの口から虫歯菌を追い出すだけじゃ足りない

だって虫歯菌感染は→→→パパやママのお口からが大半だから

60日間の返金保証は自信の証

公式サイトは以下の画像をクリック!

歯の生え始めに歯並びが悪い!でも大丈夫な理由は?

歯の生え始めに、乳歯の前歯が斜めになっていたり歯の間に隙間が出来るすきっ歯になっている赤ちゃんも多く折ります。

 

このように歯並びが悪くても、将来に影響する可能性は低いとされています。と、いうよりも赤ちゃんの歯並びというのは、すきっ歯であるのが正常とも言われているので安心して下さい。

 

歯並び

 

もしすきっ歯でないのなら?

 

赤ちゃんの場合、歯並びが隙間なく生えている方が心配です。隙間なく赤ちゃんの歯が生えていると、乳歯よりも少し大きい永久歯が生えにくくなるからです。

 

一方で生え始めた乳歯の歯並びが悪いのであれば、今後の成長によって変わってくる事の方が多いですよ。

 

もし心配であれば、1歳半の健診の時などに相談してみましょう。

 

赤ちゃんの歯並びが悪くなる原因

 

赤ちゃんの歯並びは、先天的要因と後天的要因により悪くなります。

 

先天的要因とは、遺伝によるものです。一方で後天的要因というのは環境によるものです。

 

歯並びが悪くなる先天的要因に付いて

 

赤ちゃんの歯並びが悪くなる先天的要因は、骨格の作りの問題です。

 

例えば上顎や下顎の大きさであったり、出っ歯であったり受け口であったりなどです。

 

歯並びが悪くなる後天的要因

 

赤ちゃんの歯並びが悪くなる要因として後天的な物もあります。

 

後天的な要因というのは、食べる時の舌や口周りの動かし方により、歯の噛み合わせに悪影響を与えるなどです。

 

また、おしゃぶりなどが原因となることもあります。

 

この後天的な要因は、親が注意する事で防ぐ事が出来ますよね。

 

赤ちゃんの歯並びを後天的な要因から守るために

 

2歳半以降になると、歯の噛み合わせが安定してきます。この頃になると歯並びが決まった状態になっているからです。

 

コノ赤ちゃんの歯のかみ合わせですが、3歳の時に気になるようでしたら歯医者さんに相談しましょう。

 

また、後天的な要因は以下の点などに気をつけて防ぐようにしましょう。

 

後天的要因の例
おしゃぶりや指しゃぶりの卒業

 2歳までには卒業させる
ほおづえをつかせない
 姿勢の悪さが影響します
虫歯を防ぐ
 乳歯の虫歯は歯茎の状態に影響が出る
食べ方に注意する
 しっかりと噛ませる
  →顎の骨を発達させるため
 バランス良く左右で噛ませる
寝方に気をつける
 骨格が歪む原因になる

 

歯並びは定期健診でチェック

 

赤ちゃんの歯並びは、心配になりますよね。ですが素人判断をしたところで、良い方向に物事が進む事はありません。

 

異変を感じたりしたときはもちろん、定期的健診に歯科クリニックへと行くなどすると良いですよ。

関連ページ

歯の生え始めに歯固めを嫌がるのならコレで対処!
赤ちゃんに歯が生え始めると、歯のむず痒さや痛みから赤ちゃんは不機嫌になります。このときに役立つのが歯固め。ですが、赤ちゃんが嫌がることも……。今回は歯固めの代わりになる食べ物をお伝えします。
赤ちゃんの歯ぎしり それは成長の証……でも!
赤ちゃんの歯ぎしり。これは一般的には成長の証とされています。ですから、基本的には心配をする必要はありません。ですが歯ぎしりの程度によっては、問題が生じることもあるので、異常が見られた場合は歯医者さんで診てもらうようにしましょう。