赤ちゃんの歯ぎしり それは成長の証……でも!

赤ちゃんの口から虫歯菌を追い出すだけじゃ足りない

だって虫歯菌感染は→→→パパやママのお口からが大半だから

60日間の返金保証は自信の証

公式サイトは以下の画像をクリック!

赤ちゃんの歯ぎしり それは成長の証……でも!

赤ちゃんが歯ぎしりをすることがあります。

 

「えっ!? このプリチーな我が子が歯ぎしり!!?」と、驚くかもしれませんが、これは成長の証ですから基本的には心配は必要ありません。

 

ですが、ときとして歯科医院で診てもらう必要があるので、その点には注意をしましょう。

 

歯ぎしり

 

赤ちゃんの歯ぎしりの原因は?

 

歯ぎしりをする赤ちゃんは、全体の10%〜20%だと言われていますから、珍しいというわけではありません。生後6ヶ月目位から始まります。

 

そして、自然に止めて行く物なので無理に止めさせようとして、赤ちゃんにストレスを与えるのは避けましょう。

 

この歯ぎしりの原因ですが、次に生えてくる歯の位置調整や、生えたばかりの乳歯を使うための練習だと言われています。これらは成長の証として捉えられています。

 

精神的ストレスが原因のこともある

 

基本的には成長の証である、赤ちゃんの歯ぎしり。ですが精神的なストレスが原因のこともあります。

 

このストレスの原因ですが、赤ちゃんの歯ぎしりを止めさせようとして、それがストレスになることもあります。また生活環境の変化が原因で、ストレスを感じていることもありますよ。

 

歯ぎしりの影響は?

 

赤ちゃん歯ぎしりは、特に心配をする必要はありません。ですがコレは、度を越した歯ぎしりを行っていない場合に限ります。

 

  • 歯並びに異常が出ている。
  • 乳歯がすり減っている。
  • 視神経が炎症を起こしている。

 

こういった症状が見られたら、早めに歯医者さんに診てもらいましょうね。

 

歯や顎(あご)が傷むこともある

 

度を越した歯ぎしりというのは、原因不明のぐずりの原因になることもあります。

 

長い時間行われた阿木知りは、赤ちゃんの歯やあごを痛めることがあるのです。

 

歯や顎だけでなく、歯茎から出血する場合もあります。このような場合は、清潔なガーゼで血を拭き取ってあげましょう。

 

終わりに

 

今回は、赤ちゃんの歯ぎしりの悪影響についてお伝えしました。

 

基本的には成長の証の歯ぎしり。ですが度を超えた歯ぎしりは、早めに歯医者さんで相談をしましょうね。

関連ページ

歯の生え始めに歯固めを嫌がるのならコレで対処!
赤ちゃんに歯が生え始めると、歯のむず痒さや痛みから赤ちゃんは不機嫌になります。このときに役立つのが歯固め。ですが、赤ちゃんが嫌がることも……。今回は歯固めの代わりになる食べ物をお伝えします。
歯の生え始めに歯並びが悪い!でも大丈夫な理由は?
赤ちゃんの歯の生え始め。このとき歯並びが悪くて心配になる方も多いようです。しかし、生え始めであれば歯並びが悪くてもそれほど心配はありません。むしろ、歯並びが良い方が心配だとされています。今回は、そんな赤ちゃんの歯並びに付いてお伝えします。